上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日開催された、ペチャクチャナイト http://www.pecha-kucha.org/


その中の僕のプレゼンをご報告です。





P11.jpg



この一枚の写真から


感じるものはなんですか?


触発されたことは


なんですか?




P8.jpg



興味



米原康正


当時こういう写真に新しさを感じる


「エロ可愛い」の走り? 


軽さ、ノリのよさ


に感じる 「危うさ」 を楽しむ




P14.jpg



PHOTO BOOK 発刊


モデルさんは芯のある素敵な子でした




P15.jpg



ポップアート


アンディ・ウォーホール


大衆性、大量生産、連続性の中にある、幾何学的、量的なおもしろさと遊び感




P4.jpg



パリにて


一枚ならエロティックな写真も、遊び感やアート性が生まれる


が、ウォーホールの模倣は、パソコンで簡単にできるようになった




P10.jpg



模倣


蜷川実花


よく見ると斜線が見える(特に左上)のは、映像を撮影しているのか


写真をまた写真に撮る


映像を写真に撮る


というのも面白さを感じ真似する




P20.jpg



実は街角のポスター。リアルか模倣かを見極める違和感を探すのと意外にいろいろ見つかる




P19.jpg



反射  


ウィリアム・エグルストン  


遠くの景色とガラスの反射


肉眼で意識できてるのはどちらかではないでしょうか


写真になると、よく分かる?でも分からない?




P5.jpg



あまり意味のない写真なのに、今でも気に入っているのは、


当時うまくできたことが嬉しかったからだと思います




P9.jpg



色彩


ヴォルフガング・ティルマンス


一見ただの青でも


よく見ると


中にいろんな色が見えます




P2.jpg



P3.jpg



P1.jpg



同じ場所で、いろんな露光で

いろんな光や色が出て楽しい




P18.jpg



懐古


市橋織江


懐かしい景色


懐かしい時代


心動かされる


だれでもある


その感じ




P16.jpg



褪せた色


陽だまり


後姿


伸びる影




P13.jpg



風俗・風土      


荒木経惟


土地の匂いなど、興味深い。異文化、異宗教、今やハーフも相手は日本でなくなり




P6.jpg



上海にて


異文化をおもしろくとらえず、素敵なところを学びたい




P7.jpg



自信


リチャード・アベドン


自信にあふれる


人の表情は素敵




P17.jpg



ポートレイトの魅力は


見た目のよさ?


それとも?


写真にしか出来ないことはなに




P12.jpg



童心


ジョック・スタージス


子供たちの表情には


例外なく一寸のくすみもない


大人になると、欠けていくものってなんだろう?


その理由は?




P11.jpg



魅力


ライアン・マッギンレー


感じられた違和感


着衣なしの素っ裸で


わきの大きめな2つのほくろ


少し大きさの違う胸


ブラのひも跡


パンティのゴム跡


太くて濃い眉


そして


そんなものを全く気にさせない


圧倒的な開放感・自信



魅力的って、なんだろう


それは目に見えるもの


見えないもの


ぼくたちの創るべきものはなに?


認めてもらいたいのは誰?



触発されたアーチストと、自分の写真を並べ、楽しかった♪


ペチャクチャナイト、大変勉強になりました。


一年後、1年かけた何かを、見せることができたらいいな
スポンサーサイト




何かモノを頼まれたとき、できる範囲でやることは普通ですよね。どんなときでも『相手に貢献したい』気持ちが大事。普通なら記憶に残らない。特別だから記憶に残る。忘れられない人になりたいですよね。『つねに貢献する気持ち』大事ですよね。







今月号のヘアモードで、『センス』という言葉がとりあげられていた。『センス』について、いろいろな考え方があると思うけど、僕にとっての『センス』とは、『違和感』を感じる力だと思う。(学んだことのウケウリデスガ。汗&笑)

たくさんのいい『違和感』を感じとり何かに生かす力、よくない『違和感』を感じとり排除する力、そんな『感じる力』をもっと研ぎ澄ましたい。答えがないゆえの、探求する楽しさみたいな。







本日は美容師としての最後の日。たくさんのお客さまにお越しいただき、本当に幸せな形で美容師ライフを締めくくることができました。

お客様から、スタッフから、たくさんのお花、記念品をいただきました。嬉しい思いはもちろんですが、これまで自分がやってくれたのは、本当にお客さまのおかげだということ、そして支えてくれたスタッフがいてくれたからやってこれたこと、その有り難さが身にしみるこの2ヶ月でした。

自分の役割は変わっても、その感謝をいつも脳裏からはなさず、絶対になくてはならない、輝くサロンになることを心に誓って、明日からまた頑張ります。

美容師、後藤秀樹として、本当に心からお礼申し上げます。お世話になったみなさま、本当に有り難うございました。

そして、Lutz. HAIR DESIGN 代表、後藤秀樹として、これからますます期待してくださいね。

心から、感謝をこめて。





先日見たDVDで心に残ったことの中に、不況になってお金を使わないのは、実は日本の富裕層だと言っていたこと。経営者は、不況になると会社のことを思って無駄なものを買わなくなるのだそうです。経営者が考えるのは、自分の会社に、何か役に立つことはないか、そんなことにお金を投資するために、お金を温存しているのでしょうね。
不況になっても、やはり役に立つものは選ばれる。うまくやるのではなく、本気でお客様の役に立つものを創り上げていけば、絶対に会社が駄目になることはないと、改めて実感しました。やりがいあります、この社会!!







powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。