FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




『人は、出会った言葉でできている』

『マイクレド』の中で村尾隆介さんが書いているこの言葉は、他の本でもよく耳にします。僕は若いころ、村上春樹に憧れました。20~30代は、『男はタフでなければならない』という、村上春樹の小説のフレーズをずっと大切にしてきた気がします。タフである、とは何なのか、体力的なもの、決して折れないもの、限界をつくらない、と自分なりの解釈で追求し、自分なりですが成長してきたのではないかと思います。
いまの自分は、『粋』である、という五十嵐郁雄さんの言葉が頭を離れずにいます。『粋』である、=若さ+品性、品性とは抑制である。抑制の効いた若さこそカッコイイ、ミーハーな僕には直球で刺さる言葉です。
対人関係は『期待と信頼』、人として必要なのは『情熱と愛情』、Lutz.は、『粋で堂々とスタイリッシュになれる場所』、さまざまな言葉に支えられ、さまざまな言葉で気付かされ、成長していける毎日。
感謝です。


スミマセン、思いつき人間なんで講習のことは明日書きますね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。