上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kuroda3.jpg

LIVEに行ってきました。場所は門司の赤煉瓦ホール。

kuroda1.jpg
kuroda2.jpg

チケットもお洒落です。


アーティストはこのお二人。

photo2.jpg

アーティストの黒田征太郎さんと、

IMaG_7550.jpg

ブランキー・ジェット・シティの中村達也さん。


めちゃめちゃシビレル、ドラムサウンドから、ステージは始まった。


・・・


らしい。(実はトイレのタイミングを間違え、、、オープニング、聞けなかった。。。)不覚。


中村さんのドラムは、卓越したプロの技術力、表現力がのっかり、ドラムの音が、たくさんの楽器で奏でられているかのように感じられる。

そして、黒田さんの魂ともいえるような強い強い思いが、絵の具にのっかりキャンバスの上で自由に形付けられ。

中村さんのドラムの強弱、メロディ、ストーリーは人生そのもののよう。

黒田さんのキャンパスが何度も塗りつぶされる様子は、失敗してもいつでも全ては塗り替えられる、だから怖れずにチャレンジしなければダメだと教えていただいた感じ。

途中にでてくる、鳥たちは、飛翔せよというメッセージのよう、最後を締めくくる「一」また一からやればいいという、75才の黒田さんの言葉は力強かった。

技術、思い、感性、自然、シンパシー、、、なんかいろんなものを感じた一時間半、やっぱ感じるって素晴らしい。


終了後。

kuroda4.jpg



kuroda5.jpg

黒田さんの思いがつまった筆の跡。

kuroda6.jpg

うさぎちゃん?どちらも「1」がいっぱい。

kuroda7.jpg

ドラムが躍動してました。生き物みたいに。

kuroda8.jpg

ひん曲がったシンバル。なぜか誇らしげ。

kuroda10.jpg

真剣に仕事するって、こんなにカッコいいこと。

kuroda9.jpg

感じさせていただいたこと、必ずいかしていきます。未来に残せるように。

有り難うございました。心から敬意をこめて☆






スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。